9・電子タバコのバッテリー管理は難しいの?コツや注意点

電子タバコのバッテリー管理のコツや注意点を述べましょう。
何か特別な方法を求められるわけではありませんから、難しいものではありません。

 

・粗悪品を使わず乱暴に扱わない

 

電子タバコのバッテリー管理に関して、コツや注意点を単純に述べるのであれば、無茶な使い方をしない、これに限ります。
ただし、まるで腫れ物を触るように大変慎重にバッテリー管理をしなければならない、という難しいものでもありません。
電子タバコのバッテリー関連のトラブルによる事故が起きていますが、偽造された粗悪品を使用していたためというケースが多いです。
例えばショートによる火傷にしても、精度が大変悪く通電に難ある電池であったり、また乱暴に扱い液漏れしたものによります。
通常の使用においては、そう頻繁に起こりにくいことです。
ですので、注意点としては破損した電池をそのまま使わないといったことが大事でしょう。
電池を覆うジャケット部分にも破損がないか、たまにチェックするとよろしいです。
本体がむき出しになっている場合、そこでショートを起こす場合もあるからです。

 

・バッテリー管理できるものを使うのが手っ取り早い

 

電子タバコのバッテリー管理については、充電のコツを述べておくべきでしょう。
出来るだけ充電池の寿命を延ばしたいとは誰しも思うはずです。
充電のコツとして、蓄電がなくなるまで使い切らず、そして満タンになるまで充電しないことが注意点です。
フルに蓄電する、もしくは蓄電が全てなくなると、どちらか限界に達した場合に蓄電力が落ちやすいです。
そのため望ましいのは、多くても80%ぐらい充電させたところで止めておき、残り30%ぐらいで充電すると良いでしょう。
電子タバコの中には、蓄電の残量チェックができる機能を備えているものもあります。
そうしたものを使う分には、充電のタイミングも分かりやすいですから、バッテリー管理も簡単に行えるはずです。