電子タバコ おすすめリキッド | とにかく煙を楽しみたい人向けに

電子タバコのおすすめ

電子タバコおすすめリキッドは煙を楽しみたくて煙草を吸う人にとっては、置き換えやすくおすすめです。

なぜならば電子タバコも煙を楽しめるものだからです。

電子タバコおすすめリキッドは派手に煙を立てても焦げ臭くない

電子タバコおすすめリキッドで煙草を吸う人の中には、煙を吹かすことや煙の喉越しが望みで吸っている人もいるかもしれません。
タバコ葉の味わいよりも、煙を楽しみたいというわけです。
そのような人であれば、電子タバコがおすすめです。
電子タバコも味の付いた煙を楽しめるものですから、それで事足りるわけです。
吸い方にもよるのですが、電子タバコのおすすめリキッドの方が煙も派手なものですから、満足感も違うかもしれません。
煙草の場合には派手に煙が立つように吸うにしても、それはタバコ葉を焦がしてしまうことにもなりやすく、風味も落ちるものです。
電子タバコであれば、いくら派手に煙を上げても味わいが落ちるとは考えにくいので、煙を楽しみたい人向けに有効なものでしょう。

電子タバコとタバコ味のリキッド

電子タバコは部屋の壁の汚れも少なく落ちやすいものに

 

電子タバコの煙であればタールを含みませんから、部屋の壁を汚すことにはなりにくいでしょう。
一応は味付きの煙を出す手前、含まれた甘味料などの原材料により、全く汚さないとは言えません。
それでも煙草のタール、つまりはヤニに比べれば落としやすいものです。
煙を派手に上げることで生じるデメリットも、電子タバコであれば少なく済むわけです。
煙の味わい自体は煙草とはまた違ったものになりますが、特にタバコ葉の風味が好きで喫煙していた人でない限りは、気にはならないはずです。
おまけに火を使わず、そして吸い殻のゴミを出さずに煙を楽しめるわけです。
煙を楽しみたい人にとっては理想的ですから、電子タバコをおすすめしたいです。

電子タバコの煙

電子タバコは新しいタバコの姿?電子タバコを利用するメリットについて

電子タバコに考えられるメリットを挙げてみましょう。
果たして新しいタバコとなり得るのか、それについても説いてみます。

 

電子タバコは経済的で火事の危険性も低い

 

電子タバコのおすすめ

電子タバコのメリットとして、一般的に紙巻タバコを嗜んでいる場合と比較して、長期的にみれば経済的という面はあるでしょう。

機器を揃えなければならないことで、電子タバコの場合には初期投資が必要です。
しかし、それさえ済めば後はフレーバーリキッドの購入だけで、安く抑えられやすいです。
国産のリキッドであれば、紙巻タバコ約7パック分に相当する15ml入りのものが、安いもので大体1000円ぐらいの値段です。
その他のメリットとして吸い殻が出ず、ゴミを増やさずに済むことも挙げられるでしょう。
パイプや煙管で嗜む人であれば吸い殻も出ませんが、よくあるフィルターつきの紙巻タバコであれば、吸えば吸うほどゴミが出ます。
吸い殻を出さずに済む点では、周りには迷惑となりにくく、また消し忘れによる火事の危険もないメリットがあるでしょう。

 

電子タバコと煙草は全くの別物

 

電子タバコは新しいタバコの姿であるのか、その答えは否です。
煙草というのはタバコ葉の風味を味わうものであり、電子タバコにはそれがありません。
ですから、電子タバコは全く別物だと考えるのが妥当です。
現在では電子式の加熱式タバコが存在しますが、これは新しいタバコと言えます。
なぜならタバコ葉を燻し、その風味を味わうものだからです。
単純に言えば、タバコ葉を使っているのかそうでないのか、その違いです。
タバコ葉を使うことのない電子タバコだからこそ、ニコチンの摂取やヤニを口に含まずに済む、そうしたメリットもあります。
またタバコ葉を使わない分、味わいを出す工夫も必要とされますから、いろいろな味が用意されています。
味の種類に関してはタバコ全般よりも多いのではないかと思えるほど、バラエティ豊かに揃っていることもメリットでしょう。

電子タバコと煙草

なぜ電子タバコを選ぶ人がいるの?その目的や意識について

電子タバコの目的

電子タバコを選ぶ人がなぜいるのか、それについて探ってみます。

どのような目的で、どんな意識で、それらから見えてくることもあるかもしれません。

 

電子タバコはデザインや新しいアイテムとしての興味を惹かれ

 

電子タバコを選ぶ人、その動機としてはまず興味本位といった点があるでしょう。
たとえ喫煙しない人でも何やら新しいおもちゃに感じられなくもありませんから、興味を惹かれる場合もあるはずです。
また電子タバコの場合には、そのデザインにも気が使われているものですから、気を惹きやすい面も持っているでしょう。
それに加えてニコチンなどの体への害がない、と宣伝されているのを見れば、試してみようかといった気を持つ人もいるはずです。
喫煙者よりも非喫煙者のほうが、利用に関してわだかまりを感じにくいものではあるでしょう。
喫煙者の場合にはニコチンによる充足感が得られないことで目的に沿わず、意識しない場合もあり得るからです。

 

タバコを断つ機会として活用するため

 

喫煙者でありながら電子タバコを選ぶ、といった場合は禁煙することが念頭にある場合が多いのではないでしょうか。
販売サイトなどでも禁煙目的の理に適ったものとして紹介していることが多いので、禁煙したい人には興味のある話となるわけです。
特に、タバコは吸うがそれに後ろめたさを感じている人にとっては、飛びつきやすい話ではあるはずです。
タバコを止める理由や機会として、利用しようという意識が働くわけです。
タバコと置き換えるものが見付かった、ということで電子タバコを試してみようということでしょう。
実際に禁煙に活用できるかどうかは、本人の意志次第だということは付け加えておきます。
禁煙に大事なことはどんな道具を使うかといったことではなく、タバコを断つ強い意識が必要とされるからです。

喫煙者でありながら電子タバコを選ぶ

電子タバコはタバコの代用品になる?禁煙目的で楽しめるのか

電子タバコはタバコの代用品となるのか正直に書きます。
禁煙目的で楽しめるものかどうかは、意識により差が出るでしょう。

 

タバコ味のリキッドはタバコ葉の風味ではない

 

電子タバコで禁煙

電子タバコはタバコの代用品になるのかと言えば、代用品にはなりません。

なぜならば電子タバコはタバコ葉の風味を味わえるものではなく、全くの別物と捉えるべきだからです。
電子タバコ用のリキッドとしてタバコ味のものも販売されていますが、タバコ葉の味そのものではなく、タバコの風味を再現したものに過ぎません。
タバコ葉の風味に比べると、甘かったり薬品臭かったりと、やはり違いを感じることがほとんどです。
たとえ液体にタバコ葉を浸したリキッドを作ったとしても、そこに抽出されているのはヤニとニコチンです。
それには、タバコ葉の風味自体は含まれませんから、タバコ葉を味わえることにもなりません。
ですから、電子タバコとタバコ味のリキッドを組み合わせて禁煙目的で利用するにしても、それはタバコの代用品とはなりにくいです。
むしろ、余計にタバコが欲しくなってしまう組み合わせと言えます。

電子タバコとタバコ味のリキッド

タバコを断つ覚悟で置き換えるつもりであれば

 

電子タバコは禁煙目的で楽しめるのかといった点は、本人の意識によります。
タバコを断つ覚悟で電子タバコに置き換える、という考えならば禁煙目的に役立ってくれるでしょう。
しかし、電子タバコを代用品とすることで禁煙に繋がるのではないか、といった考えならば期待どうりにはならない場合が多いです。
タバコの代用品とするのではなく、置き換えるつもりでなければ禁煙には活用できないでしょう。
代用品とする限りはタバコを止めるつもりはなく、置き換えるつもりであればタバコを断つ気があるわけですから、そこで意識の違いがあるのです。
禁煙の際にガムや飴に置き換える方法もありますが、電子タバコもそれらと同様のものとして考えるべきです。

 

話題性やおしゃれさを求めて電子タバコを選ぶ人が増えている?

話題性やおしゃれさを求めて電子タバコを選ぶ人もいるでしょう。
売る側も興味を持ってもらうために、いろいろと付加価値を付けているからです。

 

こだわりのデザインに惹かれる場合もあるはず

 

電子タバコの話題性に関して言えば、禁煙と絡めて語られることが多いでしょう。
もともと電子タバコとは、煙草同様に味のある煙を楽しめることで、煙草と置き換えられるものとして開発されたものだからです。
ですから煙草を電子タバコに置き換える、といった話は挙がりやすいわけです。
現在ではもうひとつの電子式のタバコとして、加熱式タバコが登場しています。
電子タバコを開発したり販売している業者にしてみれば、加熱式タバコとは違う魅力を出す必要があります。
また禁煙に絡めているだけだと、喫煙者に対してしかアピールできないわけですから、付加価値を付けて興味を持つ人を増やそうという考えもあるのです。
そのため、電子タバコもただ機能だけでなく、デザインにもこだわったおしゃれさの高いものも用意されているのです。

 

粋なアクセサリーとして魅力を備えるものも

 

新たなアイテムとして売り出すには、おしゃれさ高くかっこいいものであったほうが話題性を高めるはずです。
単に禁煙に活用しやすいものとしてだけでなく、粋なデザインのアクセサリーのような扱いで、非喫煙者にも興味を持たそうという場合もあるわけです。
電子タバコと加熱式タバコを比べた場合、煙草の代わりになる点で比べれば、タバコ葉の風味が味わえる加熱式タバコに分があります。
ですので、他の面で魅力を持たせたいわけですから、おしゃれさ高く話題性も高まりやすい、そうした面を持たせるわけです。
電子タバコには女性にも興味を持たれやすい製品が多いのも、そうした事情もあるからです。

電子タバコを選ぶ人

年々高くなるタバコ代の節約に?電子タバコでコストカット

年々高くなるタバコ代の節約を考えるのであれば、電子タバコに置き換えるのもひとつの手です。
少なくともコストカットには繋がるはずです。

たばこ税引き上げも電子タバコには影響なし

愛煙家の悩みの種として、年々高くなるタバコ代もそのひとつでしょう。
段階的にたばこ税が引き上げられるおかげで、価格も年々高くなるからです。
タバコ代に関してのコストカットを考えているのであれば、電子タバコの導入もひとつの方法ではあるでしょう。
リキッド0.1mlでタバコ1本分ぐらい、リキッド2mでおよそ20本、つまりは1パック分に相当すると言われます。
国産のリキッドは15ml入りのものが大体1000円ぐらいで買えますので、約7パック分がそれぐらいの値段で買える計算です。
機器を購入する必要がある分プラスとはなりますが、こだわりのあるライターを購入して使うのと、さほど差はない感覚です。

一部を電子タバコに置き換えることで本数も減る

タバコ代の節約に電子タバコを導入する場合に、必ずしも禁煙しなければならないわけではありません。
喫煙タイムを日のうちに何度か取るはずですが、そのうち一部を電子タバコに置き換える方法もあるからです。
つまりはタバコを吸う場合、そして電子タバコを楽しむ場合をうまく組み合わせて、コストカットに活用しようというわけです。
例えば仕事中は電子タバコに置き換える、そしてゆっくりタバコを味わえる時間にはゆったりとタバコをくゆらす、といった方法もあるのです。
特に無意識にタバコの本数が増えてしまいそうな場面において、それを電子タバコに置き換えれば、本数を減らすことができます。
それにより、年々高くなるタバコ代の影響も小さく、タバコ代の節約にも繋がりやすいわけです。
月に紙巻タバコをたったの1パックで済ませる、といったことも不可能ではない話です。

電子タバコに健康面での不安はないの?ニコチンやタールなし?

電子タバコに健康面での不安はないのか、それについて書いてみましょう。
ニコチンやタールなしとは言え害はないのか?その点も見えるはずです。

全くの無害とは言い切れない

電子タバコの健康面での不安に関しては、現時点ではいろいろな意見が出ているので未知です。
登場した当初は水蒸気を含むだけだから不安はない、といった意見が多かったです。
また国内製のリキッドを使う限りは、ニコチンやタールなしで煙草のような有害性はないので安全、とも言われます。
しかし一方では、電子タバコでも焦げから有害物質が発生する恐れがあり、全く健康面で不安はないわけではない、といった意見もあります。
世界保健機関でも、焦げから発生するアルデヒド類吸入の可能性があり完全に無害とは言えない、といった見解です。
それに対して、煙草に比べればアルデヒド類発生の量や頻度も少ないといった意見もありますが、健康面で全く不安はないとは断定できません。

吸いすぎは毒かもしれない

なぜ焦げが電子タバコでも起こるのかそれを解説しましょう。
電子タバコでは火は使わないものの、リキッドを蒸気化させるため電熱部で熱します。
長く使っている間にリキッドに含まれた成分が電熱部にこびりつき、それが焦げの元となるのです。
その焦げから無害とは言えない物質が発生してしまう場合もある、というわけです。
ニコチンやタールなしでも、それ以外の面で大丈夫というわけではないようです。
もしもの話ですが、リキッド自体に有害性のある添加物が含まれているのであれば、それによる影響も懸念されます。
ですので、安全なリキッド選びも健康面での不安を考えるのであれば、重要なことでしょう。
それから、煙草の煙と比べて喉も渇きやすいので、度が過ぎると喉を傷めやすいかもしれません。
結局のところは煙草とも共通しますが、吸いすぎは避けた方が無難です。